激甘審査ファイナンスはお金借りたい時に便利だけど、金利と限度額に注意。

激甘審査ファイナンスはお金借りたい時に便利だけど、金利と限度額に注意。 お金を借りる

今月金欠でどうしてもお金を借りたい。

お金を借りる方法を検索すると「激甘審査ファイナンス」という魅力的な文字が並ぶ。

激甘審査ファイナンスについてはこちらの記事で詳しく触れていますが、今回は激甘審査ファイナンスに申し込む時の注意点をお伝えします。

結論から言うと、以下の2点です。

  • 「金利」が大手と比べて高い傾向にあるということ。
  • 借入限度額が少ないところが比較的多い。

これらのことについて、もう少し深堀りしてお話ししていきます。

10万円〜50万円程度の借入希望であれば、激甘審査ファイナンスで借入しても問題ないので、そのまま下記記事より、あなたに合う消費者金融を探してください

激甘審査ファイナンスは大手と比較すると、金利が高め

まず大手消費者金融の金利を見てください。

消費者金融名金利
プロミス4.5%~17.8%
アコム3.0~18.0%
モビット3.0~18.0%
アイフル3.0~18.0%
レイクALSA4.5~18.0%

大手消費者金融の金利は、3.0%〜最大は18.0%となっています。

次に、激甘審査ファイナンス(中小消費者金融)の金利について

中小消費者金融はかなりばらつきがありますが、

消費者金融名金利
セントラル4.80%~18.00%
エニー15.00%~20.00%
フクホー7.3~18.0%
フタバ14.959%~17.950%
アロー15.00%~19.94%

と、一例ですが、かなり高く設定されています

しかし、これには理由もあります。

それは借入限度額が大手より低いという部分にあります。

激甘審査ファイナンスの借入限度額から見た金利との関係

激甘審査ファイナンスの借入限度額から見た金利との関係
消費者金融名限度額
セントラル300万円
エニー100万円
フクホー200万円
フタバ50万円
アロー200万円

例えばフタバだと、金利が「14.959%~17.950%」と、一見暴利的に見えたりしますが、借入限度額は50万円までです。

なのでMAX50万円借りた場合は、14.959%が適用される可能性が高いでしょう。そこまで高いイメージはありませんね。

借入額と金利の関係について、ざっくりいうと

「借入金額が低いほど金利が高く」なり、「借入金額が多くなるほど金利は最低金利に近づく」しくみになっています。

続いてエニーを見ていきましょう。

エニーは、15.00%~20.00%と、最高金利が最も高い20.00%です。

これは貸金業法で定められた最大の金利です。なので違法ではありませんが、他よりは高いです。

借入限度額は100万円。

貸金業法で、100万円以上での金利は上限が15.0%に定められています。

これをみると、エニーは他社と比べて貸金業法で定められたギリギリまで金利を取っている、ということがわかります。

金利や限度額を重視するなら、大手消費者金融がおすすめ

冒頭でもお話ししましたが、10万円〜50万円程度の借入を希望しているのであれば、

激甘審査ファイナンスで申し込みするのは問題ないでしょう。

むしろ審査に通りやすくて、大手よりいい可能性まであります。

しかし、100万円以上借りたい場合や、のちのち増額も検討している場合など、限度額と金利を重視して考える状況であるなら、大手消費者金融で申し込みをするのが圧倒的におすすめです。

コメント