ユーファイナンスのおまとめローンは審査激甘?「闇金だ!危ない!」っていう噂や、貸してくれないというクチコミについて。

ユーファイナンスのおまとめローンは審査激甘?「闇金だ!危ない!」っていう噂や、貸してくれないというクチコミについて。 お金を借りる

融資商品がおまとめローンと不動産担保ローンの2つだけのユーファイナンス。

ブラック融資可能という噂もありますが、あらゆる情報を確認したところ、融資を受けたという事実は確認できませんでした。

ですが、大手のおまとめローンと比べると審査が激甘という噂は、嘘でもないようです

そこで今回はユーファイナンスのおまとめローンの審査は、本当に甘いのかを徹底検証します。

また、ユーファイナンスが闇金であるとか、危ない、貸してくれないという話もネットに出ているので、そちらについてもお話します。

「激甘審査ファイナンスって何!?という方はこちらで解説しています。

U-Finance

ユーファイナンスってどんな会社?闇金や危ないという話について

会社名株式会社UCS(ユーファイナンス)
所在地東京都台東区小島2-14-5 毛利ビル7F
TEL/FAXTEL:03-5829-6990 / FAX:03-5829-6991
設立平成17年8月
資本金5,300万円
代表者代表取締役 市川 慎治
取引銀行東京都民銀行、三菱東京UFJ銀行
事業内容消費者金融業
貸金業登録:東京都知事(6)第29876号
金融コンサルタント業

事業登録もされているので、安心して借入のできる事業者ということがわかります。なのでこの時点で、闇金ではないということが確定しました。しかしこの段階では、まだユーファイナンスがブラック融資可能かどうかはわかりません。

ユーファイナンスは貸してくれないというクチコミについて

「ユーファイナンス 口コミ」で調べると、さまざまな低評価な口コミが目立ちます。

  • 全然貸してくれない
  • 他の業者を紹介される
  • 債務整理をすすめられ、弁護士や司法書士を紹介される

債務整理をすすめるなんてひどい!とあなたは思うかもしれません。しかし、私は逆に良心的な会社であるという印象を受けました。

まず、全然貸してくれない件について、これは総量規制という貸付の法律があるため、年収の1/3を超える金額は貸し付けることができません。

他の業者を紹介される件について、これも上記理由で貸付ができないため、どうしてもお金を借りる必要があるなら…という具合で、他の業者をすすめられている可能性もあります。

そして債務整理をすすめられる件について、これは借入の相談にきた人があまりにも借金が膨れ上がっているため、返済能力なども考慮した上で、債務整理をすすめたのだと考えられます。

悪いクチコミというのは時に、誇張してかかれることも少なくありません。というのも、ネガティブな要素は、すこし大げさに印象に残る人間の心理があるからです。いやがらせでわるいことを書かれることもあるでしょう。

しかし冷静に考えてみれば、意外と良心的な会社なのでは?と思うこともできるのではないでしょうか。

※あくまでも筆者個人の見解であり、事実と異なる場合もございます。

それではユーファイナンスが安全であるという前提ができた上で、審査が激甘なのか?みていきましょう!

ユーファイナンスの貸付概要 審査は激甘?

ビッグローンの商品内容
○ご融資金額:100万円~700万円
○実質年率:7.3%~15%(要審査)
○遅延損害利息:20%(実質年率)
○返済方法:元利均等返済
○返済期間:最長10年(1~120回)
○必要書類:身分証(健康保険証、運転免許証、パスポート等)・所得証明書
○保証人:原則不要
○担保:原則不要
○その他:要審査

上記を見ると、審査が甘そうなポイントがいくつかあります。
実質年率、保証人、担保、の部分で判断します。

細かい解説は続きをご覧ください

ユーファイナンス融資条件から審査難易度を検証!

大手消費者金融や銀行よりも、中小消費者金融の方が審査が極甘なのは周知の事実です。

そのため、ユーファイナンスの審査難易度も、大手や銀行より極甘なのは疑う余地はないでしょう。

そこで、あらゆる情報を元に、ユーファイナンスの診査難易度を探っていきます。

ユーファイナンスの金利から診査難易度を検証

金融会社の審査難易度を見定める上で、一番参考になるのが適用金利です。

適用金利が低いほど審査難易度は高くなり、適用金利が高いほど審査難易度は低くなります。

適用金利と審査難易度は常に、反比例を描く関係性にあるのです。

皆さんご承知かと思いますが、金融機関の中で一番低金利なのが銀行です。

続いて大手消費者金融、その次が中小消費者金融の順になります。

この金利順位を見てもらえば明らかですが、金利が低いほど審査難易度が高くなる傾向にあります。

中小消費者金融の金利が高い理由について、時間のある方はお読みください

金融機関は金利を調整することで、融資時の審査基準を定めています。確実に回収できるならば、金利が低くても収益を得ることが可能です。あとは多くの融資先を募ればいいだけです。

しかし、回収に不安があったとしたらどうでしょう。そんな人に低金利で融資することなんてできませんよね。

そもそも銀行は返済に不安な人に融資はしません。確実に回収できる人に融資して、収益を上げています。

ですが、消費者金融はそうはいきません。基本、銀行融資を受けられない人が顧客となるため、銀行で融資を断られることになった諸事情を抱える人が大半です。

そこで消費者金融が貸し倒れリスクを避ける手段として実施しているのが、貸付金利の引き上げです。

金利を上げて利息収益を上げて、その収益の一部を貸し倒れとなった時の補填に回すことで、経営を成り立たせています。

そのため大手消費者金で融資が受けられない人が顧客となる中小消費者金融は、大手消費者金融よりもさらに金利を上げて融資に対応しているのです。

よって、金利は高いほど、審査難易度は低くなり、融資が受けられる可能性は高くなります

それでは実際に、ユーファイナンスの金利を銀行や大手消費者金と比較してみましょう。

ユーファイナンスの金利は高め

ユーファイナンスと銀行や大手消費者金の、おまとめローン金利比較結果は下記のとおりです。

会社名融資限度額金利
ユーファイナンス700万円7.3%~15.0%
中央リテール500万円8.2%~13.0%
アイフル800万円3.0%~17.5%
横浜銀行1,000万円1.5%~14.6%
千葉銀行800万円1.7%~14.8%
auじぶん銀行800万円1.48%~17.5%
楽天銀行800万円1.9%~14.5%
第三銀行500万円9.8%~14.8%

注目してほしいのは上限金利ではなく、下限金利です。おまとめローンは複数の借入を一本化するため貸付額はどうしても高額になります。

基本的に金利は借入額が高額になるほど、低金利が適用されます。よって、下限金利がいくらになっているのかを確認する必要があるのです。

ユーファイナンスは減金利が7.3%です。限度額700万円を借入しても、これ以上金利が下がることはありません。

ユーファイナンスの減金利は、融資限度額がほぼ変わらないアイフルの倍以上です。

ユーファイナンスの減金利が高いのは、疑う余地がありません。

となれば、ユーファイナンスの審査難易度は低いと考えて問題ないでしょう。

ユーファイナンスは保証会社をつけない自社保証

通常、金融機関は融資実行する際、保証会社の保証を受けます。

保証会社の保証があれば、利用者が返済不能に陥った時に、融資残債全額の代位弁済が受けられます。

そのため、この保証会社の保証は、金融機関にとって大きなメリットになるのですが、申込者にとってはデメリットなるケースが出てくるのです。

保証会社の保証を受ける際は、申込者が保証会社の審査を通過する必要があります。そのため金融機関の審査がOKでも、保証会社の審査がNGならば融資を受けることができません。

いくら金融機関の診査難易度がゆるくても、これでは何の意味もありませんよね。銀行や大手消費者金融がユーファイナンスよりも審査が厳しいのは、この保証会社の保証を受けていることが影響しています。

しかし、ユーファイナンスは保証会社の保証を受けていません。ユーファイナンスの審査さえパスすれば融資を受けることが可能です。

保証会社の審査を省くことができるので、保証会社の保証を受けている金融機関よりも、確実に審査通過率は高くなります。

これもユーファイナンスの審査がゆるいと判断できる、理由の1つと言えるでしょう。

ユーファイナンスは10社超えのおまとめも可能との噂が・・・

おまとめローンは複数の借入を一本化した上で、低金利を適用して返済額を削減できるローン商品です。

しかし、一本化するにしても限りがあります。通常は多くても3社ほどのものでしょう。

「何で?」と思われる人もいるでしょうが、これは金融機関が貸し倒れを防ぐためのリスク対策なのです。

複数の借入がある人を多重債務者と呼びますが、この人達には共通した特徴が見られます。

それは借り癖です。お金がなくなり必要になれば、何のためらいもなく借金に頼ろうとします。さらに借入先の融資枠がいっぱいになれば、次のところ、そしてまた次のところと雪だるま式に借金を増やしていくのです。

おまとめローン利用後も、同じことにならないとは言い切れません。

多重債務者に融資すること自体、高いリスクを負うことになるのです。

借入が5社の人と、2社の人。あなたならどちらの方が信頼できますか。

当然、借入先の少ない2社の人ですよね。

ここで気になるのがユーファイナンスの噂です。なんとユーファイナンスは10社以上の借入があっても審査に通るという噂があります。

これはいくらなんでも大げさですが、4社もしくは5社くらいまでなら融資を受けられる可能性はあるようです。

貸し倒れリスクの高い申込者に対しても、融資実績があるのは、診査難易度がゆるいという疑いようのない証拠と言えるでしょう。

ユーファイナンスでおまとめローンを確実に借りる方法

ユーファイナンスのおまとめローンは金利が高めだが、診査難易度はその分低いことは理解してもらえたでしょう。

しかし、ゆるいから大丈夫とたかをくくっていると、審査落ちすることにもなりかねません。

診査難易度が低いといっても、ユーファイナンスが掲げる審査基準があるからです。この審査基準をクリアできなければ、ユーファイナンスから融資を受けることはできません。

そこで最後にユーファイナンスで、おまとめローン融資を受けるための必須条件をお教えします。

この条件がクリアできなければ、申し込んでも融資可能となる可能性はほぼないでしょう。

条件がクリアできているかを、確認しながら読み進めてください。

ユーファイナンスでおまとめローン融資を受ける必須条件1.『安定継続した収入がある』

まずは、あなたに「安定継続した収入」があるかが重要です。

これは借入後の返済原資となるため、ユーファイナンスは最も重視する条件になります。「安定継続した収入」で注意してほしいのは下記の2点です。

安定:毎月変わらない一定の収入が得られている
継続:その収入を長期に渡って得られている、今後も同じように得ることができる

あなたの現状がこれら2点に該当しない場合は、「安定継続した収入」があるとは認められません。

この場合、間違いなく審査落ちとなるでしょう。

特に勤続年数が1年未満の人は注意してください。このケースでは「継続」という点において不十分と判断されます。

該当する人は、勤続年数を稼いでから申し込むようにしましょう。

ユーファイナンスでおまとめローン融資を受ける必須条件2.『現在の返済状況に問題がない』

次にユーファイナンスが重視するのが、現在の返済状況です。

返済状況を見れば、申込者の信用度がはかれます。そのため、ユーファイナンスも返済状況を確認して、申込者の信用度をはかります。

現在の返済状況は審査で確認される個人信用情報を見れば一目瞭然です。

そこで、度重なる遅延や延滞があれば、「信頼度なし」と判断され、審査落ちとなってしまうでしょう。

まとめ ユーファイナンスは激甘消費者金融の可能性大!

申し込み条件やクチコミから、ユーファイナンスは金融ブラックの人でも安心して融資申し込みが可能なことがわかりましたね!
また、ユーファイナンスの会社概要などを見ると、国に認められた正規の消費者金融業者であることがわかりました。闇金業者でもなく、安心して借入することが可能です!

U-Finance

コメント