パチンコの打ち子は儲かる?元打ち子たちが実態を暴露!

パチンコの打ち子は儲かるのか?元打ち子たちが実態を暴露 コラム

「パチンコを打つだけで高収入!」「誰でも簡単」などの文字が募集要綱には並びますが、実際はどうなのでしょうか。

違法?危険?今回は打ち子をやっていた人の体験談も交えつつ、実態に迫っていきましょう。

パチンコの打ち子は儲かるのか?元打ち子たちが実態を暴露

パチンコの打ち子は儲かるのか?元打ち子たちが実態を暴露
34歳・男性
34歳・男性

時給1100円で打ち子として働いていたとき、エリアが決められていてそのエリア内にある店舗にいる班長に聞き打つ台を決めてもらいました。普通に会社のような組織になっており給料は銀行振込できちんと支払われていました。パチプロ団体やヤクザや闇組織などといったようなアウトローな人達との関係性は全く皆無であり、私的には至って健全なアルバイトをしていた、そのような印象であります。

裏組織との関連性は、誰しもが気になる怖い部分ですよね。健全な組織ならよしとしましょう。

29歳・男性
29歳・男性

大学生時代に日給が15000円くらいでひたすらに開店から閉店まで設定6を回すと言う仕事で飛びついた。朝は当時住んでいた所の隣県に朝8時頃に集合し、指示役の人に整理券を事前に配布される。入店後は指示された台へダッシュしそれも候補は2つから3つくらいを伝えられる感じだった。意外と朝から晩までぶん回すのがしんどくて一回だけ参加した。

38歳・女性
38歳・女性

知人からの紹介で割りのいいバイトというノリで参加。開店から閉店までで1万円。台選びはお任せで、言われた台をひたすら打つ。台が演出が可愛かったので苦もなくやれた。本当に、ただここ座ってこうしててーだけで、昼ごはんとコーヒータイムはOK。楽すぎ。でも慣れた頃にそれは違法では?と思うようなことを要求されたので怖くなって辞めました。後になって知った話ですが、知人はバレて通報されたようです。美味しいところだけやれて抜けられてよかった。

知らずに違法なことに手を出していた…なんていう危険が伴うこともありますね。非常にリスク性を感じます。

29歳・男性
29歳・男性

自分がよく行っていたホールの開店前に並んでた際に仲良くなった常連プロから打ち子の誘いを受けて打ち子したことがあります。朝から閉店まで時間こそ拘束されるけどパチンコ打つこと自体が大好きで指定された台打つ簡単な仕事だったので全く気にならなかったし、日払いで日給1万円貰えてたのですごい美味しいバイトだった。店のマークは厳しくそういう団体の方と判断されたら出禁処分になり行けるホールがどんどん減ったり他のプロから目をつけられたりなどシビアな部分もあるので日給とそのマイナス面を天秤にかけて割に合うか合わないかの判断は人によると感じました。

32歳・女性
32歳・女性

【1日1万円】と、いう募集を元にツイッターで知り合って、朝指定の場所に行くと若いヤンキーっぽい方からおじさんまで10人ほどいて、何時までいける?と聞かれて、その後閉店まで打って帰りに3万円頂きました。理由を聞くと「ちゃんと真面目にサボらず打ってくれたから」と。その後も何度かお世話になりました。

真面目に働いて結果を出したら、その分インセンティブをもらえた!という美味しい話もありました。

パチンコの打ち子とは?仕事内容は?

パチンコの打ち子とは?仕事内容は?

打ち子とは、雇い主の指示に従ってパチンコを打つ仕事です。一般的にパチンコは趣味で遊びに行くイメージですよね。打つ台も自分で好きに自由に選べます。しかし打ち子の場合、座る台や打つ時間帯も全て指定されるパターンがほとんど。まるでアルバイトのように、決まった時間に決められた台で打つのです。新人の場合は、指定された台で打つだけですが、慣れてくると様々な仕事を任せられることもあります。

  • 指定された台でパチンコを打つ
  • 自分の台に設定された状況の報告
  • 出のよさそうな台が開いた場合は、確保もしくは雇い主に連絡
  • 島単位で状況を把握して報告

打ち子の業務内容は、雇い主によって大きく異なります。単純に台を打つだけの場合もあれば、状況によって報告や連絡が必要なことも。もし打ち子をする場合は、前もって業務内容は確認すると安心です。

パチンコの打ち子には種類がある

パチンコの打ち子といっても、いくつかの種類に分かれています。働き方によって給料はもちろん、違法性にも違いが。ここでは打ち子の種類を見ておきましょう。

店に雇われている人

お店に直接雇われて打ち子をしている人です。よく出る台に打ち子を座らせ、大当たりを出すことで、周りに「この店は出る」と思わせる集客方法ですね。

しかしパチンコ店が直接「打ち子やりませんか」などと募集はかけません。多くの場合は、お店の内部に知り合いがおり、ツテで仕事の依頼がきます。

パチンコ店のデータをまとめるバイトの人

打ち子のひとつに、「データをまとめる仕事」があります。パチプロなどがデータを取るために、打ち子を雇うケースです。打ち子は単純に打つだけではなく、様々なデータを取る必要があります。データ収集の打ち子が取るデータには以下があります。

  • 打ち始めの回転数
  • 初当たりの回転数
  • 4k(4000円)計算の回転率

など

様々なデータをスマホに入力し、業務時間終了後に雇い主に報告します。細かな作業も多いため、単純にパチンコを打ちたいだけの人には不向きな仕事といえるでしょう。

パチプロ集団から雇われた人

ノリ打ちと呼ばれるパチプロ軍団が、打ち子を雇って打たせている場合もあります。打ち子は班長に指定された台に座り、ひたすら打ち続けます。勤務時間も開店から閉店までと長いわりに日当があまりよくないことも。

パチンコの打ち子は給料いくらもらえるの?

お金を受け取る

打ち子の給料は気になるポイントのひとつですよね。しかし打ち子の給料は業務内容や雇用形態によって大きく異なります。

打ち子の業務形態給料
データ取りのバイト時給800円程度
お店に頼まれた場合日当5000円~2万円程度
店長に個人的に頼まれた場合日当1万円~2万円程度
パチプロ軍団の打ち子日当8000円~12000円程度
パチプロ軍団の班長クラス月30万円~50万円以上

班長クラスはかなり多くもらっているように思えます。

2010年頃までは、打ち子の給料も比較的高かったと言われていますが、現在は徐々に厳しくなっているのが現状です。

パチンコの打ち子でよく聞く「軍団」って?

軍団についての説明

パチンコの打ち子を調べていると、「軍団」という言葉を目にしませんか。軍団とは、パチンコ・パチスロの出やすい台を大勢で占拠し、多くの出玉を確保するパチプロ集団を指します。パチプロ集団といえば、過去に「梁山泊」が有名でした。しかし今では全国に大小関わらず、大勢の軍団がいます。

グループには一般的にランクがあり、打ち子→班長→ブロック(エリア)長などと呼ばれています。一般的には1人~数人程度の「親」がおり、親の下に複数の打ち子を持つパターンが多いです。打ち子は親から軍資金を貰い、実際にパチンコを内に行きます。

打つ代は全て親から指示されるため、親の代わりに打ちに行く…とイメージすればわかりやすでしょう。

ノリ打ちパチプロ集団とは?

ノリ打ちとは、パチンコやパチスロを打つ際に2人以上が軍資金を出し合う方法です。もちろん最終収益は人数分で分け、平等に配ります。ゲットした玉やメダルを仲間内で分ける、「出玉共有」とイメージするとよいでしょう。

平等に収益を分けるためメリットは大きいですが、利益をたくさん出した人とトラブルになるケースも。円満に終えるためにも、前もってしっかりとルール決めをしておくと安心です。

ただしパチプロ軍団でノリ打ちを行っている場合、軍資金は親が負担する代わりに収益も全て親の取り分になります。パチプロ軍団の打ち子は、収益に関係なく時給1000円程度を受け取ります。稼げなくても決まった額の給料が出る点はメリットといえるでしょう。

パチンコの打ち子は違法?逮捕されるってホント?

パチンコの打ち子は違法?逮捕されるってホント?

「パチンコ打ち子は違法じゃないの?」と疑問を感じている人も多いかもしれませんね。実は打ち子自体に、違法性はありません。問題は雇用形態にあります。ここでは打ち子が違法になる場合と、そうでない場合について見ていきましょう。

合法な場合

店が集客のために雇うサクラや、一般人に雇われた打ち子は違法ではありません。お金を持ってパチンコを打ちに来ているお客さんを変わらないためです。ただしお店によっては打ち子を禁止している場合もあるため、注意しましょう。またほとんどの場合、報酬はあらかじめ決まっており、出玉はお店に返却します。

違法な場合

パチンコ店やゴト師が打ち子を雇った場合は違法です。ゴト師とは台に細工をし、意図的に出玉を狙うことを指します。もちろん違法で、打ち子も窃盗の共謀共同正犯であり刑事罰の対象となります。

またお店がサクラを雇うことは違法ではありませんが、ストッロ設定の漏洩は違法です。また勝ち分を報酬とし、店と打ち子が折檻するのは犯罪行為。業務上横領罪や窃盗の共謀共同正犯であり刑事罰の対象となるため、やってはいけません。

こんなパチンコの打ち子募集は詐欺の危険性も

絶対にしてはいけないこと

今やSNSでたくさんの打ち子募集を見かけます。昔は雑誌の裏に堂々と求人広告が出ていた時代も。打ち子はパチンコ好きにはたまらないバイトですが、詐欺に遭う危険性もあるため注意が必要です。しかし「合法か、違法か」を見極めるのは非常に難しいといえます。しかし諦めるのはまだ早い!打ち子バイトを探すなら、以下の点に注意しましょう。

高収入を謡っている

パチンコの打ち子は、台の規制が厳しくなったことも影響し、なかなか稼げなくなっています。そのためやたら高収入を謳った求人には注意しましょう。

例えば時給2万円を超える高額なものや、月100万円など、「誰でも」「簡単に」などと謡う文言には注意してください。

パチプロが打ち子を募集している場合、相場はおよそ日当5000円~10,000円程度です。勤務時間が10時間を超えることもあり、時給換算するととても低いと分かりますよね。本当にパチンコが好きな人でないと、務まらない仕事なのです。

費用が自分持ちの場合

パチンコやパチスロで遊ぶためには、お金(軍資金)が必要です。もし「お金は自分持ち」「立て替えて欲しい」と言われた場合は、特に注意しましょう。

SNSなど出所不明の求人

SNSやネット掲示板で募集されている打ち子募集にも注意しましょう。本当にパチプロが打ち子の募集をしている場合もありますが、ほとんどが偽物です。詐欺の可能性も高いため、安易に手を出さないようにしましょう。

仕事の前に高額な請求がある

仕事の前に有料セミナーや高額なテキストを売りつけられた場合、ほぼ詐欺といえます。特に多いのが、必勝法の書かれた商材を売りつけ、「すぐ取り戻せる」と誘う手口。相手の狙いは、パチンコで勝たせることではなく、商材を売りつけることです。案の定、ほとんど勝てず商材費用をだまし取られる恐れがあります。

ノウハウを無料で教えるなどと言ってくる

「パチンコで勝てるノウハウを教えます」「必勝法を無料で!」などの誇大広告に注意しましょう。さわりを少し教えてもらい、「続きは有料です」といった方法は、詐欺師の常套手段です。ノウハウや必勝法をエサに多額のお金をだまし取られる可能性もゼロではありません。また「パチンコ店と繋がっていて、情報を貰っている」といった謳い文句にも注意が必要。一見信頼できそうですが、そもそもお店の人から情報を得るのは犯罪です。知らぬ間に詐欺の片棒を担いでいた…なんて事態は避けましょうね。

そもそもパチンコの打ち子は誰にでもできる仕事なのか?

打ち子の募集を見てみると、「誰でも」「未経験可」など、簡単に稼げるような文言が並んできます。しかし打ち子は誰にでもできる簡単な仕事ではありません。まずパチプロも軍資金を渡す以上、儲けて欲しいと考えています。そのため軍資金をすぐにスッカラカンにしてしまうようなヘタクソに打ち子は務まりません。

同じ台を打っても、技術を使いこなす人と素人では、結果に差が出てくるためです。止め打ちや捻り打ちなど基本的なテクニックを使いこなせる打ち子は重宝されるでしょう。

また一日の勤務時間も長く、ハードな割りに日当がイマイチ…なんてケースも珍しくありません。誰でも簡単に稼げると謡う募集は、ほぼ詐欺と疑って間違いないでしょう。

パチンコの打ち子(サクラ)はリスクもある

パチンコの打ち子は好きなだけパチンコができるため、好きな人にとってはたまらないでしょう。しかし重労働で高収入ともいえないため、「楽をして稼ぎたい」と考える人はガッカリする恐れがあります。違法ではありませんが、やはりグレーな部分も多いため、リスクを考えた上で検討するとよいでしょう。

リスクを冒してまでお金に困っているなら、借りる選択肢も考えるべき

パチンコの打ち子(サクラ)をしたいという背景には「お金が欲しい」という人も少なからずいるのではないでしょうか。

お金に困っているなら素直にお金を借りる

という選択肢も一つだと思います。今は「30日間無利息」などの、一定期間で返済すれば利子が一切かからないカードローンもあります。

当サイトおすすめカードローンについては以下の記事で解説していますので、お金が必要で困っている場合は、一度読んでみてください。

コメント