【32歳配達員・妻子持ち】600万円の借金をどう返済しているか赤裸々に話してもらった

コラム

はじめまして。
個人ブロガーのザキオと申します。

まずは私のプロフィールを簡単に

  • 32歳 配達員 妻子持ち
  • 月収:22万円(手取り)
  • 副業:ブログ運営、ライター、ラーメン屋のアルバイト
  • 副収入:2万円~3万円
  • 1日の平均労働時間:14時間(本業12時間+副業2時間)←死ぬ

続いて現在の借入・返済状況の全てをご覧下さい

現在の借入・返済状況
  • セゾンカード:約140万円/月々返済額6万円
  • イオンカード:約46万円/月々返済額3万円
  • LINEポケットマネー:約20万円/月々返済額1万円
  • 三菱UFJバンクイック:約50万円/月々返済額1万円
  • カーローン:約35万円/月々返済額2.5万円
  • EPOSカード:約20万円/月々返済額1.5万円
  • dカード:約15万円/月々返済額1万円
  • 奨学金:約270万円/月々返済額2万円

月収約25万円に対して、月々の返済額はおよそ18万円。給料の大半を返済に充て、足りない分はキャッシングやリボを使って返済と、借金で借金を返すような生活を送っています。

では、600万円の借金を抱えると毎月の生活はどのようになるのか?返済状況と併せて経緯なども赤裸々にお話をさせて頂きます。

600万円の借金を抱えることになった経緯

【32歳配達員・妻子持ち】600万円の借金生活。経緯と返済のリアル

まずはなぜ600万円もの借金を抱えることになってしまったのか。その経緯と、借金が膨れたさまざまな理由をお話させて頂きます。

借金というものは、少しの小さな金額が、様々な理由が絡み合い、あれよあれよの内に大きくなっていくものだと実感しています。

正直、今でも”なんでこんな増えてしまったのだろう?普通に生活していただけなのに。”といった気持ちです。自分が認識できる限りを振り返っていきたいと思います。

貯金0での結婚、転居、転職

私は東京で1人暮らしをしながらサラリーマンをしていました。新入社員時代に出会った妻(シングルマザー)と数年の遠距離恋愛と紆余曲折を経て、結婚することとなり、妻と子どもが住む大阪に拠点を移すため、5年勤めた会社を退職しました。

このとき、地元を離れての初めての1人暮らしと、東京という街の魅力に、あるだけお金を使う生活をしていたため、貯金はほとんどありませんでした。

わずかばかりあった貯金は、シングルで子育てをしていた妻にいくらか貸した分と、引越しの費用、新たな職場で必要となる車の頭金として消えました。

貯金0での状態で、結婚をし、引越しをし、転職をして、一児の親になるという、先行きがとても不安な状態で新生活をスタートさせました。

ジリ貧生活。なくなる余裕。

貯金が0とは言え、手元に残ったお金もあります。退職金の60万円程です。

しかし、新しい生活のスタートにはそれなりに大きな出費が度々発生しました。例えば、生活家電、生活用品の購入、自分が想像していなかった子どもを育てるうえでの出費。

新しく就いた仕事は営業職で、結果に対して給与が増えるインセンティブ制の仕事でした。就いて早々に結果などでるはずもなく、少ない給与に毎月の収支はマイナス。退職金の60万円を削りながら生活をしていました。

だんだんと減っていく通帳の残高に常に焦りを感じ、心の余裕はどんどん無くなって行きました。

仮想通貨の大暴落で100万円の借金を抱えることに

仮想通貨の暴落で100万円の借金を抱えました。

通帳残高がほとんどなくなり、なんとかしないと。と思っていた時に目に留まったのが、当時バブルをむかえ、”億り人”という言われる人が連日メディアで紹介されていた「仮想通貨」でした。

今ならまだ間に合う。これしかない。仮想通貨を今のうちに買っておけば、今の苦しい生活から脱出できる。買わないやつは馬鹿だ。

当時は仮想通貨の購入にクレジットカード(以下、クレカ)を使うことができました。とりあえず今の内に大量購入をし、支払いは一旦リボで済ませておいて、後々売却の利益で全額返済しようと考えていました。結果、クレカで合計100万円近くの仮想通貨を購入しました。

しかし、ある仮想通貨のハッキングをきっかけに、仮想通貨市場は大暴落をします。
※2018年1月の出来事です。記事更新時と状況が異なる可能性があります。

借金が膨れ上がった理由

仮想通貨を、毎月の支払いで少しずつ現金に変えていました。そして価値の下がった仮想通貨は、すべてなくなりました。

こうして仮想通貨の大暴落をきっかけに100万円近くの借金を背負いました

そこからは基本、支払いはクレジット決済。

リボ払いで毎月の支払額を調整して返済する、ということを繰り返していました。

車の税金やカーローンのボーナス返済など大きな出費が必要なときはキャッシングをしていたので、どんどん借金は増えていきました。

おそらく、このときから”クレカの利用残高=自分の貯金”のような感覚になっていたのだと思います。収入以上のクレカの利用。度重なるリボ払いへの変更などに何も感じなく当たり前のようになっていました。

結果がでず、繰り返す転職

新しく就いた仕事もなかなか軌道にのりません。インセンティブ制の営業職であったため、成果が上がらなければ月々の給与は新卒1年目とほぼ同じぐらい。ボーナスも出ません。

3年近くが経ってもなんの成果も上げられず、営業職をあきらめ次の仕事へ転職をしました。しかし転職先選びに失敗し、次の職場も7ヵ月ほどで退職をしてしまいました。今は営業職をあきらめ、配送の仕事に就いています。

現在の仕事は肌に合っていたようで順調に勤めることができています。給料は少ないですが、落ち着いて仕事のできる職場に就職することができたことには安心をしています。

借金を背負った原因の1つに間違いなく仕事の結果を出せずに給料を上げることができなかったことが上げられます。自分の実力を見誤っての成果主義の職場への転職がこのような事態を生むことになりました。

妻の浪費癖でさらなる状況悪化

フルタイムの共働きでそんなに生活が苦しくなるものなの?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。

普通の家庭で、夫婦で家計の話がある程度できていて、借金があったとしても、カーローン、住宅ローンのみだとすれば、おそらくあまり考えられにくいケースだと思います。

私のケースで言うと、妻と家計の話があまりできていなく、妻のお金の流れをつかんでいなかったこと。また、妻の前旦那との結婚生活でできた借金、購入品の高級志向などもあり、度々お金のことでは妻と揉めました。

そんなに高いものを買う必要があるのか。なぜそれが今でなければいけないのか。どっちがどの費用を負担するのか。などです。

お金の話になると必ずと言っていいほど喧嘩になってしまうので、いつしかお金についての話をすることも少なくなり、何もわからないまま、ただただお金が減っていくといった状況になってしまっていました。

今、借金を返すためにしていること

状況打開のためのブログ運営

仮想通貨で失敗をした後ぐらいからです。何か副収入をつくらないと、このままでは破滅する。という危機感から副業について調べ始めました。

条件は隙間時間などで家できる仕事。このとき、家族の時間がなくなるから外にでての副業は妻から許しが下りていませんでした。(本当はそんなことを言っている余裕なんてないはずなのですが。)

そんななか見つけたのが、ブログ運営をして稼ぐという手段でした。Googleアドセンスや、ASPでのアフィリエイトで稼ぐというものです。

早速サーバーやドメインの契約をして、現在も運営をする『借金持ちの日常』というブログを立ち上げました。(当時は別のブログ名で立上げ)

しかし、ブログで稼ぐといことは本当に簡単な事ではなく、2年以上運営を続けている現在もブログから月1万を超えるような収益が上がっていないのが現状です。

目先の金を稼ぐべくアルバイト開始

今まではブログ運営で少しずつブログを育てていって、後々は収入が入ってくるようにと思っていましたが、カードの利用可能枠やキャッシング利用可能枠も底をつきかけそうなになっている今現在、もうそんな悠長なことを言っていられない状況となっています。

正直、債務整理をしないといよいよ滞納をしてしまうような状況です。

借金で借金を返すような生活を送っている現在。まずは月々の収支をプラスマイナス0にしなければこの状況からは抜け出せない。

娘も小学校にあがり、本業の住民税の徴収方法が”普通徴収”ということに気づき、Wワークでアルバイトをはじめました。妻も私の状況を理解し、渋々許可を下ろしてくれました。

まずは先々の収入アップを見越したブログ運営より、目先のお金を工面しないといけないということに、やっとこのタイミングで気づいたのです。

少しずつ状況を打ち明ける

月々の収支をプラスマイナス0にするために、両親にも私の現状を打ち明けました。

父、母ともにそうとうショックを受けていました。母からのLINEはスタンプや絵文字といった明るい要素が消えました。

父からは、自営業をしている実家を継ぐようにとの提案を持ち出されています。家族の状況の整理や理解、協力も必要になってくるので調整が必要ですが、このままサラリーマンを続けて返していける額ではないことも理解しているので、受ける方向で考えています。

母からは一旦6ヵ月間、月々2万円の支援をしていただけることになりました。この6ヵ月間で日雇いのアルバイトをしながら少しでも蓄えをつくらないといけないと思っています。何もしなければ、また借金で借金を返す日々の繰返しになってしまいます。

最後に

ここまで、600万円という借金を抱えてしまった経緯と、現在返済にむけて動いていることをお話させて頂きました。正直、まだまだ書ききれない細かな背景などは山ほどあります。

ひとつだけ言えることは、僕と同じような状況は誰にだって起こりうる可能性があるという事です。

少しの気の緩み、楽して稼ごうという魂胆。夫婦で歩み寄れない気持ちや、現実を見ようとしない逃げ。

私の身に起こったことは決して他人事ではないということを少しでも知って頂けたら嬉しいなと思います。

借金とは長く上手く付き合う

これから借金を返していこう、また現在返している方に言えることは、借金を返すためにはまずイレギュラーな事態が起こっても用意できる現金の余裕を持つことです。

このイレギュラーな出費に私は耐えることができなかったあまり、多くの借金を抱えることになってしまいました。

まずは借金の返済は滞納しない程度に続け、余剰資金を作ることに専念をすることをオススメします。

キングコング西野さんがよくおっしゃっていることに、余剰資金が無ければ事業を続けることもチャレンジを続けることも、ボランティアや人助けを続けることもできないと言っています。

お金が無ければ大切な人を守り続けられない。

コメント