廃課金者の名言■菅田将暉や二宮和也も!?1年で1200万円使った有名人も

haikakin-meigen ゲーム・アプリ課金

廃課金者であることが恥ずかしい。課金してるなんて友達に言いづらい。

そう思ったりしてませんか?

今回はそんなあなたの気持ちは後押ししてくれる「廃課金者の名言」を紹介します。

この記事を読めば課金への後ろめたさもなくなるはず!

廃課金者の名言

「ガチャを回しているのではない、経済を回しているのだ」

「ゲームに課金する」というと、ネガティブなイメージがありませんか?それは間違いだったんですね。大きな視点で見れば課金をする→経済が回る→人々の生活が豊かになる・・・という構造だったんですね(笑)

何事もポジティブにとらえることは大切だと思いますが、課金をこのように考えていと、痛い目を見そうです。

「課金は負けではない!」

宇野昌磨の名言ですね。宇野昌磨選手は課金に対してアツい思いを持っているのですね。やはり世間一般的には「課金=ネガティブなこと」と思っている人が多いです。

そんな中知名度、人気がある方がこのような発信をしていると「課金=いいこと」のイメージに変わっていくかもしれませんね。

「課金しないと運営さんに申し訳ない」

これは仏のような発想ですね(笑)いまはスマホの高画質画面で、クオリティの高いゲームが『無料』で楽しめます。運営からすると、課金せずにゲームを遊ばれると”タダ働き”なわけです。

そのような運営さんに「このような素晴らしいゲームを作り、管理してくれてありがとう」の気持ちを込めて課金する人もいます。

「臓器があるうちは無課金」

課金するお金が無くなったら、どうしますか??

…臓器を差し出すしかないですよね。

逆に言えば、臓器が残っているうちはまだまだ課金できる領域にいるということ。そう考えると、99%の人間は「無課金」の人間だったことが分かりますね(笑)

「俺たちの課金が足りないからメンテになった!」

ゲームアプリはたくさん存在しますが、そのほとんどが必要最低限の人員で運営されています。その人員の生活を守っているのは誰でしょうか??答えは「課金者」です。

メンテナンスになるということは、課金が足りず、人員不足になってしまったためなのです…(?)

「課金は無料」

これは一瞬「?」となる名言ですね。よく考えてみてください。「1万円課金すると、無料で100回ガチャが引ける」んですよ。つまり、課金は無料なんですよ。

…ちょっと何言ってるかわからないですね笑

課金するだけで無料ガチャが引けるなんて。なんていいゲームなんでしょうか…。

「課金は裏切らない」

「努力は裏切らない」的な名言です(笑)甲子園を目指す球児にとっては「努力」は裏切りません。では、ゲームのライバルに勝つために必要なことは何でしょうか?そうです、課金です。ライバルとの勝負において「課金」は裏切りません。課金して、青春をとり戻しましょう!!(?)

廃課金ユーザー(かもしれない)有名人

廃課金疑惑の有名人を紹介していきます↓↓

菅田将暉

スマホゲームに課金してしまったことをテレビで告白しました。好青年なイメージが強い彼ですが、ゲームを純粋に楽しんでいる様子が浮かびます。

2016年に放送された、「徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました」では『アプリゲームにはまっていた時期に10万円ほど課金した』と話しました。10万円を微課金者と思うか、廃課金者と思うかはあなた次第です。

また、2020年8月に放送された『櫻井・有吉THE夜会』では「漫画アプリで6000冊近く購入した」という話も。一冊100円だとしても、60万円近い課金をしているのがわかります。

加藤浩次

スッキリで告白しました。芸能人で課金している方は結構聞きますが、加藤浩次さんは意外ですね…。

「1000円から徐々にスマホアプリに…」と番組内で告白。堅実的で真面目そうな加藤浩次さんですが、意外と課金額は大きいのかもしれませんね。

加藤浩次さんクラスの人であれば、数万円どころか10万円以上課金したとしても財布に影響はなさそうですよね。

二宮和也

パスドラ好きのゲーマーとして有名です。パズドラのCMにも出演しています。課金額もかなり高いようです。

明確な金額は発言していませんが「髪を切りに行けないほど…」と番組内で告白。さすがに冗談だとわかりますが、かなりの額を課金しているそうです。かなりのパズドラ好きだと明言していますよね。

なっち(YouTuber)

主に『パズドラ』の実況動画を投稿しているYouTuberです。彼の動画内で2020年の課金額を公開しているのですが、一般人が払える額ではないですね…。YouTubeドリームってやつかもしれません。

パズドラに2020年の1年間で1200万円費やしたとYouTubeで告白。パスドラ以外のゲームも彼は実況していますが、それらも含めると…?

RYU(YouTuber)

主に『遊戯王デュエルリンクス』のゲーム実況をしているYouTuber。彼自身、動画内で「重課金者」というキャラ付けをしている回もあります。自他ともに認める重課金(廃課金)ですね。

彼が大金をつぎ込んで作成したゲーム内のアイテム(デッキ)を動画で公開。動画タイトルからもわかりますが、100万円以上かけてそのデッキを作成したそうです。

課金しすぎて破産しないように注意!

今回紹介した人たちは、廃課金とはいえ、それなりの収入がある人たちです。ゲームに課金する時は、ご自身の経済事情をかんがえた上で、計画的に課金していきましょう。

課金しすぎて課金地獄におちいった人たちの末路の記事はこちら

廃課金者にはクレジットカードが絶対おすすめ

クレジットカードおすすめ

課金する金額が大きければ大きいほど、クレジットカードでの課金をおすすめします。大きな理由としては「ポイントが貯まるから」です。

それについての記事はこちらにありますので、参考にしてみてください。

まとめ

廃課金者の名言や、課金している有名人を紹介してみましたが、課金の金額については生活に支障がない範囲なら、いいのではないでしょうか。

また、生活に支障をきたすかもしれないが、どうしてもその時のストレス解消のためにガチャを回したいのであれば

誰も止める権利はありません。

筆者もこれまでかなり課金してきた方です(総額100万円は超えている)

お金持ちでもなくカードのリボ払いも大量に残っています。

それでも今、毎日頑張って楽しく生活しています。

課金は悪ではありません。

深く考えず、やりたいようにやっていきましょう。

コメント