【体験談】課金しすぎてキャッシングするまでハマる、ソシャゲの沼

【危険】ソシャゲ課金が原因でのキャッシング利用に注意 ゲーム・アプリ課金

ソシャゲに課金しすぎてお金がなくなり、キャッシングにまで手を出してしまう人がいます。

楽しくて楽しくて、新しいキャラクターやアイテム、武器が出るとお金をかけてガチャを回してしまう。

ソシャゲ課金者なら誰しもが経験していることでしょう。

ではなんで、そんなことになってしまうのでしょうか。

今回の記事では解決方法とともに詳しく紹介します。

「絶対に出る」という上限が決まっているからこその誘惑。そして廃課金へ

ドラクエウォークというゲームを例にあげます。このアプリのガチャは200連目には必ず対象イベントの武器が出るという恐ろしい罠が仕掛けられています。

まず10連ガチャを引くのに、3000ジェムが必要です(3000ジェム=約3000円)。そして10連ガチャの10回目(100連目)には必ず、対象イベントの装備(武器or防具)が手に入ります

防具は毎回3、4種類あるので、確率的には防具のほうが出やすいです。

どうしても武器が欲しい人は、もう100連回しましょう。トータル200連目には「武器確定」が待っています。

全て無料配布ジェムで回せればいいのですが、ジェムが集まっていない場合、200連回すのに約6万円かかります。(全て有償ジェムで回すと仮定)

しかし、課金勢の方ならわかると思いますが、逆に言えば「6万円で欲しい超レア武器が必ず手に入る」という発想になります。

非常に危険な発想です笑

この”確定ガチャ”のおかげで、毎回確定武器を引こうとすると、毎月2、3回新装備が更新されるので、12万〜18万円課金することになります。

簡単に廃課金者の出来上がりです。

管理人は毎回この誘惑と戦っています。何度か負けて課金してしまっています。

ドラクエウォークの確定スタンプ
10連をあと10回回せば、「はかいのつるぎ」が手に入るという誘惑。

今回のイベント装備も、前半100連は必死に貯めたジェムを使いましたが、武器が引けず、残り100連が待っています。

「あと3万円課金すれば武器が確定で手に入る…」

※記事更新時点ではまだ課金を我慢しています。

ドラクエウォークに課金してしまった

誘惑に負け、課金してしまいました。

見事、しっかり3万円の課金で、確定武器をゲット。それまでに引けるほどの運は持ち合わせていませんでした。

これが、確定ガチャの課金の罠に引っかかったお手本です!

課金し過ぎてキャッシング等の借金をしてしまった人の体験談

中にはゲームにハマりすぎて、課金のしすぎで生活が圧迫。キャッシング等の借金までしてしまう人もいるようです。

課金額が徐々に増えて200万円の貯金がなくなった

学生時代、ゲームを全くやらなかったY氏。そのY氏がスマホゲームを始めたのは、6年前に友人に誘われてからだそうです。

最初は友人と一緒に、無課金で楽しんでいたY氏ですが、徐々にゲームにハマっていったそうです。ゲーム内で強くなるには課金が必要でした。そこで初めに、月に5万円程度の課金をし始めたそうです。

初めは友人に誘われたソシャゲアプリだけしていたそうですが、次第にいろいろなスマホゲームを始めていったそうです。そして、その全てで課金をするように…。

当時最高で、課金代金はひと月40万円に上っていたそうです。Y氏は当然そのような大金を毎月払えるわけもなく、200万円あった貯金も底をつきました

現在Y氏は、クレジットカードでの支払いも厳しくなり、リボ払いに変更して返済する毎日です。また、Y氏の課金癖は治ったわけではなく、悪化していく一方だそうです…。

ソシャゲに課金するために借金をしてしまった

Oさんは、これまであまりスマホゲームをしたことがなかったそうですが、あるスマホゲームに一時期ドはまりしたそうです。ゲームにはまったOさんはすぐに課金するほどになり、常にゲームのことを考えるようになったそうです。

朝起きてゲーム、トイレでもゲーム、お風呂に浸かりながらゲーム、通勤中もゲーム、帰ってご飯を食べながらもゲーム・・・。

仕事中も上司の目を盗んでゲームをしていたそうです。そのせいで仕事にミスが連発し、叱られることもしばしば…。恋人や友人と一緒にいるときも、ゲームをしていないと落ち着かなくなり、周りの人も徐々に離れていったそうです。これだけ仕事もプライベートも支障が出ているにも関わらず、課金行為はやめられなかったそうです。

Oさんは後悔していました。それはソシャゲへの課金のしすぎで50万円の借金を作ってしまったことです。Oさんは社会人で働いていたので、豪快に課金していたそうです。最初は小さい額でしたが、徐々に金額が大きくなり、そのうち感覚がマヒしていったそうです。課金をしないほうが良いと止めてくれた友人もいたそうです。しかし、当時のOさんは聞く耳を持たなかったそうです。

クレジットカードの限度額まで借り、それでも課金したかったのでOさんは消費者金融で借金をしました。あまりにもゲームにのめりこみ、浪費がエスカレートしたことで、恋人に別れを告げられたそうです。
そこでようやくOさんは目がさめました。これまで自分がしてきた愚かな行為を反省したそうです。それ以降、スマホからゲームアプリを一切消し、強制的に課金をしない毎日を送っているそうです。

ソシャゲへの課金はゲーム感覚でお金を使ってしまう

ソシャゲへの課金はゲーム感覚でお金を使ってしまう

ソシャゲ課金者はゲーム感覚でお金を注ぎ込んでいると言えるでしょう。

ゲームアプリ内でイベントが開催されるたびに、「お、カッコいいキャラが出たんだ。1万円くらい課金しよ〜」くらいの感覚でゲームにお金を費やします。

人によっては、「趣味にお金を使うのは悪いことではない」と思うかもしれません。ですが、安易な考えで課金をしてしまうのは問題です。

ゲーム感覚とは、いわば「遊び半分」ということです。

たとえば1万円の家電を購入する際は、真剣に悩みませんか?しかし、課金がゲーム感覚になってしまうと、何も考えずに1万円をゲームに使ってしまうおそれがあります。「遊び半分」なので本人も大変なことをしているという自覚がありません。

つまり、ソシャゲ課金者は現実世界とゲーム世界の区別がつかなくなっています。コンビニでお菓子を買うくらいの感覚で、ゲーム内のアイテムを購入するといった具合です。この感覚に陥ってしまうと、なかなか「課金ループ」から抜け出せなくなるので、注意が必要です…

まとめ:課金の沼にはまらないようにするために

今回はゲーム課金のためにキャッシングまでに手を出してしまうパターンについて紹介しました。

スマホにクレジットカードを登録しておけば、数秒で課金ができてしまう時代です。課金しすぎないように、どう対策を取ればいいのか?こちらの記事も参考にしてください。

解説した解決方法や対処方法を参考にすると、最悪の事態になる事は避けることができるでしょう。

コメント