廃課金の人ってお金はどこから使ってるの?職業は?

廃課金の人ってお金はどこから使ってるの?職業は? ゲーム・アプリ課金

こういう廃課金のひとたちって、普段なんの仕事してるの?

  • ランキングにつねに上位にいる人
  • 登録者数まだ少ないのにガチャに課金しまくっているYouTuber
  • 「やっと武器コンプしたわ〜!いくらつかったか覚えてない!」という友人

ファミコン、プレステ、ニンテンドースイッチなどのゲーム機のソフトにお金をかける月に10万円課金しているだけでもすごいと感じるのに、毎月50万円・100万円・1000万円以上使う人だっています。そういう人たちは課金するお金をいったいどこから捻出しているのでしょうか?

今回、世の廃課金者たちは課金するためのお金をどこから、どうやって出してきているのか、見ていきましょう。

廃課金の人はどこからお金を出してるのか。職業は?

廃課金の人ってお金はどこから使ってるの?職業は?

仕事の経費

登録者数が多いYouTuberなら、動画収益がありますので課金するお金を経費として計上することができます。たくさん課金してユーザーの憧れになったり、ときには爆死動画でメシウマ的存在になったりすることでさらに動画ファンが増え、動画収入も伸びます。

課金するお金は動画の収益からという、もっともおいしいケースです。

生まれた時からお金持ち

オギャーと生まれた時からお金を持っている人。何にいくらお金を使っても、お金が減ることはなく、お金に困ったということがない属性の人。こういう人をヘビーユーザーにできたらゲーム会社は成功しますね!

高給取り

高給取り(給料が高い人)の基準は難しいですが、年収800万円以上であれば高給取りといえるでしょう。私もかつてそれくらいの収入がありましたが、その時はパズドラに毎月10万円は課金してました。今はほぼ課金できません。泣。

コツコツためた貯金

とくに趣味がなくお金を貯めていた人が、きゅうにアプリにはまって課金しだすパターン。特別高給取りでもない場合、きづくと貯金がそこをついてしまうことも。はまって抜け出せなくなるという非常な危険なケース。

結局生活もままならなくなり、借金するはめになるケースもあります。

借金してまで課金

貯金がそこを尽きてしまい、生活も厳しくなってきた。でもゲームはやめられない。さんざん課金してきたのに、ここで諦めるとか無理!という人がつぎにとる手段が「借金」。

今は即日融資や、無利息期間、Tポイントが貯まる、などさまざまなサービスが付帯しているカードローンがふえてきています。テレビCMや動画広告でもたまにみかけるのではないでしょうか。

課金にはまってお金を使いすぎると、借金をせざるをえない状況になるケースもあるようです。

体験談

課金しすぎて後悔した…というひとたちの体験談も、当サイトでいくつか記事にしていますので、よければそちらもあわせてお読みください。

まとめ

廃課金の人ってお金はどこから使ってるの?職業は?

廃課金ユーザーはみなお金もちだと思うかもしれませんが、中には借金をしてまで課金をする人もいるようです。

ゲームはギャンブルにはまるのと同様に、一種の中毒のようなもので、一度はまると抜け出せなくなります。そしてギャンブルとは違い、課金に使ったお金はもどってくることはありません。くれぐれも自分の生活に悪影響をおよぼさない程度に課金して、ゲームを楽しんでください。

どうしても廃課金で生活が苦しい、もしくはどうしても今月あと2万円だけ課金したい!ということがあれば、こちらの記事を参考にしてください。

■関連記事:2021年版:安心して借りられるおすすめのカードローン

コメント