急にカードが使えなくなった!?それって途上与信で落ちたのかも。

その他

普段、クレジットカードを利用している上で、途上与信という言葉を目にする機会はほぼないと思います。

「途上与信」という聞き慣れない言葉。

あなたがもし、増枠の申し込みについて調べているか、何らかの理由でカードが利用停止になってしまったのが理由でこの記事にたどり着いたのであれば、ぜひ目を通してください。

今回その途上与信の意味や種類。どんな時に行われるのか、また起こりうるメリット等もお伝えしていこうと思います。

途上与信を受けた履歴についても、管理人が実際に開示した信用情報をお見せします

途上与信と法定途上与信

途上与信

途上与信とは、クレジット会社等の信販会社が任意で行う審査で、

利用状況などを元に「このまま利用を継続しても大丈夫か?」をチェックする審査です。

どのようなタイミング・基準で審査をするかは、クレジット会社によって様々なので、決まりはありません。

また、キャッシングをしていなくても、ショッピング利用や、利用限度額の増枠申請時等に審査されることがあります。

下の画像をご覧ください。

途上与信の履歴
途上与信の履歴。

こちらは管理人が実際にCICという信用情報機関より開示した、個人情報です。支払い残高によって、3ヶ月おきに必ずチェックされる途上与信や、分割払いがある時に行われる法定途上与信があります。

↓管理人が実際にCICで開示した信用情報の記事はこちら↓

法定途上与信

途上与信とは別に、国の定める「法定途上与信」というものがあります。

1ヶ月に5万円以上かつ、支払い残高合計10万円以上の借り入れがある場合は、毎月途上与信が行われます。

上記と別に、支払い残高が10万円以上ある場合は、3ヶ月毎に必ず途上与信が行われる

法定途上与信は、キャッシングしている場合のみ行われるもの、と勘違いするような記事も見かけますが、正しくは分割払いやリボ払いでのショッピング利用」でも法定途上与信は行われます

どんな時に途上与信で引っかかる?

途上与信で「支払いの遅延、延滞」「増枠審査の履歴」「他社からの借入状況」などをチェックされた際に、「この顧客にはこれ以上クレジットカードを使わせられない」と判断されることがあります。具体的に解説していきます。

カードやキャッシングの支払い状況 遅延、延滞など。

毎月の支払いが遅れたりすると、審査ではかなりマイナスです。

よくあるのは、銀行口座の残高不足で引き落としが出来ず、本人に電話連絡しているが出ないケース。

特に最近は知らない番号からの着信を出ない人や、留守電機能がない人もいたりします。

カード会社からの重要な連絡だと気づかず、本人が気づかないまま音信不通で、途上与信にひっかるなんてことも。

月々の支払いがある時は、しっかり銀行口座の残高を確認しておきましょう。

増枠審査の状況

限度額の増枠審査を何度も行っていないか。収入に見合った申請を行っているか等も見られることがあります。

一度増枠してすぐまた増枠申し込みなどをすると、経済が不安定だと思われてしまいます

また、詐欺にひっかかって何度もお金を要求されているのではないかと、警戒される可能性も。

10万円を30万円に増枠。30万円を50万円に増枠…程度であればそこまで悪い印象にはならないかもしれませんが、それ以上の金額を繰り返し増枠申請したりすると、カード会社からの印象はあまりよくないでしょう。

途上与信で引っかかって、カードが止められてしまうなんてことも。

他社からの借り入れ状況

「あなたがどこからいくらお金を借りているか」というのは、全て信用情報機関で管理されており、どのクレジット会社も見ることが出来ます。

あなたが何社から、総額いくらのお金を借りているか。また、きちんと毎月遅延せずに返済しているのか?というのを見て、今後の利用可・不可を判断します。

どういうふうにチェックされているかは、【15件の債務情報】CICで情報開示した結果… をご覧ください。

途上与信はいつ行われているのか

途上与信のタイミングはクレジット会社によって様々だということは先に述べましたが、主なタイミングとしては大きく二つです。

・カードの期限の更新、再発行

これはカードを発行すれば、必ず訪れるものです。クレジットカードには有効期限があります。

基本的に期限が過ぎたら自動的に更新され、新しいカードが登録情報の住所に届きます。

しかし、途上与信で問題があった場合は、更新がされないケースも。

また、カードの盗難・紛失で、再発行をする際も、途上与信が行われます。

・増枠審査時

引越し費用や旅行、冠婚葬祭などで急にお金が必要になった場合、増枠の申請が出来ます。

とは言え借りるお金を増やすわけですから、本当にあなたが返せる範囲の借り入れなのか?きんと会社は審査する必要があります。

一般的に借り入れ可能額というのは、年収の3分の1の金額と決まっています。

例えばあなたが年収300万円だったら、100万円が借り入れ可能です。

意外と、大金を借りられますね。

なのであなたが年収300万円で、50万円が限度額の状態であるなら、100万円までなら増枠が可能ということになります(理論上の話なので、審査結果とは異なる場合があります。)

この時にも、他社からの借り入れ状況などを調べ、審査します。

他のカードですでに50万円借り入れがある場合は、おそらく増枠審査は通らないでしょう。

この、カード利用途中での、カード会社による審査が、途上与信です。

途上与信のメリット?自動的に増枠されるケースも

筆者が体験したことのある途上与信のメリット(メリットと言っていいのかわかりませんが)として

『限度額が突然増えた』ということ。

きちんと毎月支払いをし、定期的にカード利用もしていると、カード会社からは「いい顧客」と判断されます。

いい顧客であれば、もっとお金を貸してもいいだろうとなります。

(借りてくれたらその分利息で、カード会社の利益につながりますからね)

それゆえ途上与信の際に、カード会社の判断で増枠OKという判断がされることもあるようです。

私の場合、特に限度額の増枠申し込みはしていなかったのですが、登録していたメールアドレスに

「ご利用可能枠に関するお知らせ」のようなタイトルでメールが来ていて、100万円だった限度額が150万円に増えていました。

利用額が増えたことに調子に乗ってしまい、あっという間に限度額いっぱいの買い物をし、無計画の借金をするというハメに…

途上与信がプラスにはたらいた結果ですが、思わぬ落とし穴に注意です。

突然カードが使えなくなったら!?

急にカードが使えなくなったら、まず落ち着いて以下を確認しましょう

  • 支払いが遅延や延滞していないか(銀行口座の残高の確認)
  • ネットショッピングの入力等であれば、記入ミスはないか
  • 限度額がいっぱいになっていないか
  • 登録しているメールアドレスに、クレジットカード会社から通知が来ていないか
  • 読み取りエラーなら、カード自体が磁気不良の可能性

ちなみに筆者は、マネークリップでお札と一緒にクレジットカードを挟んで、磁気不良を起こしたおバカです。

磁石式クリップだったから当然ですよね。

まずあなたが取るべき行動

最悪、不正利用の疑いがある場合もあります。

とにかくまず、クレジット会社に連絡をして、カードの状況を聞きましょう。

一刻を争う事態ですから、メールより電話を推奨します。

利用停止になっても、他社のカードを作れる可能性はある!

途上与信に引っかかってしまい、カードが強制的に止められてしまった場合、

一度利用停止になったクレジットカードを復活させるのは現実的に難しいでしょう。

できる対策としては、別のカードへの乗り換えや、デビットカードの利用が現実的です。

ただし、別のカードの申し込みをしても、信用情報機関に事故情報として載ってしまっている可能性もあるので、下記より一度、ご自身の情報を調べるといいかもしれません。

指定信用情報機関のCIC
CICは、割賦販売法および貸金業法の両業法に基づく指定信用情報機関です。安全・安心・高品質なサービスを提供することにより、クレジットやローン市場の健全な発展に貢献しています。

手数料1,000円で、パソコンやスマホから情報開示することができます。

ただし決済にクレジットカードが必要で、対応していない会社のカードは使えませんのでご注意を。

途上与信のまとめ

途上与信はクレジット会社が任意のタイミングで行う中間審査である

利用状況次第では強制解約になる場合もあるが、審査次第では限度額が自動的に増えるというプラスの側面も。

基本的に問題のある使い方をしなければ、何も引っかかることはないですし、この「途上与信」という言葉を一生聞くことがない人は多いでしょう。

無計画にお金を借りたり、キャッシング枠を増枠したりすると、こうした途上与信に引っ掛かる場合があるので、くれぐれも無茶な使い方はしないようにしましょう。

そのお金、本当に必要か?一度踏みとどまって考えるのも、大切です。

コメント